様々な魅力がある屋根塗装の業者を浜松で選ぶ際に気を付けたいこと

屋根塗装は断熱塗料で省エネを

屋根は住宅の中で一番たくさんの太陽光を直接受ける場所ですよね。したがって真夏の強い日差しを避けることができれば、室内の不快な暑さも防ぐことができエアコンの電気代も抑えられます。夏ばかりではありません、冬には室内の暖かさが天井そして屋根から外へ逃げてしまいます。屋根の断熱性能を高めることが省エネに直結します。
屋根塗装をおこなうときには、見栄えや防水性能に注目する人は多いと思いますが、最近では省エネ・エコ意識の高まりから断熱性能も重視する人が増えてきています。屋根塗装は1度施工すると、次に屋根塗装するまで10年くらいの間隔があきます。屋根塗装を考えている人は断熱塗料を使った屋根塗装を検討されてみたらどうでしょうか。
断熱塗料とはどのようなものでしょうか。塗料の中に細かい断熱材や熱緩衝材をいれることによって熱を通りにくした塗料です。塗料メーカーによって違いがありますが、セラミック素材が使われていることが多いです。十分な断熱をおこなうためには普通の塗料よりも厚めに塗る必要があります。塗布するのに手間がかかるため費用が割高になります。
断熱塗料は断熱のほかに遮熱機能のあるものも多く、防音機能もあります。耐久性は10年近くあって、断熱効果も7年以上続きます。省エネが収益に直結する企業の工場や多目的ホールでの屋根塗装に数多く採用されていることからも、効果が高いことがわかります。

イチオシ記事

屋根塗装と屋根葺工事、どちらが良い?

築23年のアパート併用住宅の外装工事を昨年(2015年7月)行いました。3社から、見積もりをとり、大手ハウスメーにお願いしました。他の…

屋根塗装工事、相見積もりの失敗例

現在、築24年のアパート併用住宅に住んでいます。2013年1月に営業に来た中堅の建築会社N社の見積もりが最初です。仮設工事一式306,…

屋根塗装は断熱塗料で省エネを

屋根は住宅の中で一番たくさんの太陽光を直接受ける場所ですよね。したがって真夏の強い日差しを避けることができれば、室内の不快な暑さも防ぐ…

屋根塗装は屋根の寿命を延ばす

多くに日本住宅には、トタン板が使用されています。瓦屋根もありますが、圧倒的にトタン板の方が安価で、住宅自体の構造補強も必要ないため、住…